ホーム > ショップ案内

関西(近畿)のダイビングショップ・スクール紹介

大阪・兵庫(神戸)・京都・奈良・滋賀

大阪、兵庫(神戸)、京都、奈良、滋賀の都市型ダイビングショップ・スクールをご紹介します。
但し、掲載したショップについては、お店の質を保証するものではありません。中にはあまり良くない評判を 聞くショップもありますので、ご自身で判断してください。
なお以下に、これからダイビングを始めたい方のために、ダイビングショップ・スクールを選ぶときの ポイントをまとめてみました。
あくまでも当サイト管理人の意見として、参考にしていただければ幸いです。
ダイビングポイントの現地サービスは、「 ポイント情報 」のコーナーをご覧下さい。

海Explorer ランキング参加中

<ダイビングショップ・スクール選びのポイント>

1. 手軽に行ける場所にあること。

ダイビングツアーの参加、器材の追加購入・メンテナンス、ダイビング情報の収集等、Cカード取得後も 何かとショップ・スクールにお世話になります。
そのため、家の近くとか、通勤の行き帰りに立ち寄れるとか、手軽に行けるダイビングショップが便利です。 行くのに大変だと、ついついショップから遠ざかってしまいます。
また、海外での講習はリゾート気分満点で楽しいですが、日本に帰ってから新たにダイビングショップを 見つけなければならないのが難点です。(これが結構むずかしい)

2. ダイビング講習、器材の料金が納得できるものであること。

ダイビング講習の料金は、総額でいくらになるのか、最初に確かめて下さい。
最初の費用は安くても、海洋実習(海へ行っての講習)費用が含まれていなかったり、そこでの 宿泊費が含まれていなかったりしたら、追加負担しなければなりません。
逆に講習料金がバカ安いのも考えものです。スタッフの人件費や宿泊代、高速道路料金など、それなりに必要な 経費はかかるものなので、あまりに安いショップは他でがっつり儲けているか、手抜きをしているかです。
また、器材も、比較的手頃なものから高いものまで、いろいろあります。機能的には、名の通った メーカー品であれば、間違いはないでしょう。あとは、ショップのスタッフにアドバイスをしてもらいながら、 体にフィットするか、使い勝手はどうか、好みに合うか、といった基準で選べば良いと思います。
なお、あまり高い器材ばかりを勧めるお店は、利益優先主義のショップです。なかには、何も知らない初心者相手に 、 とんでもない金額をふっかける業者もいます
<一例>東京都がスキューバダイビングショップ事業者に業務停止命令(2009年10月)
だいたいの相場を、頭の中に入れておきましょう
金額の目安は、ダイビングQ&A「講習の値段」「器材の値段」を 参考にしてください。

3. お店の姿勢に問題がないこと。

例えば、他のダイビングショップで購入した器材では講習してもらえないとか、他のショップ・認定団体で 取得したCカードではツアーに参加できないとか、ランクアップのときに他の認定団体のカードとの クロスオーバーができない、といった話はときどき聞きます。
なかには、ショップで知り合ったお客さん同士で潜りに行くことを禁止しているショップもあるようです。 こちらが誰と潜りに行こうが、文句を言われる筋合いはありません。
この業界は一部で古い体質が残っているので、こういった類の話は実際結構あるようです。
こんなショップでは、長いお付き合いは難しいでしょう。
また、ショップオーナーやスタッフの、安全に対する姿勢がしっかりしていること。ホントはこれが 大事なんですが、最初のうちは分かりません。ネット上での評判などをチェックしてみるのも一つの方法です。
ショップの方ともいろいろおしゃべりをして、おなたが受けた印象も意外と大事です。

4. ダイビングツアーのスタイルが合っていること。

ショップが行っているダイビングツアーのスタイルも、重要です。
主に日帰り、もしくは一泊程度で近場のツアーをメインに行っているのか、沖縄、海外といった遠方の ツアーを得意にしているのか、ダイビングショップによって異なります。
Cカード取得後、あなたがどんなツアーを望むのか考えて、自分に合ったスタイルのツアーを行っている お店を選ぶのも重要なポイントです。(最初はだれもショップのツアーに参加するのが一般的ですから)

5. 器材販売が強引でないこと。

ダイビングでは、器材の使い方に早く慣れることが上達の近道です。ですから、できればなるべく早い時期に マイギアをそろえるのが、理想的です。
でも、器材は総額で結構な値段になりますし、とりあえずCカードは欲しいが長く続けるかわからないという 方は、申込みの前に講習やツアーがレンタル器材でも可能か、確認しましょう。
レンタル器材での講習やツアーが認められておらず、器材の購入を強引に勧めるショップは利益優先で、 お客の立場に立っているとは言いがたいです。長いお付き合いのできる店ではなさそうです。

6. いろいろなショップを廻ること。

いろいろなショップ・スクールを廻って、あなたの感性に一番ぴったりのお店をお選び下さい。
Cカード取得後も、ダイビングを続けてゆくうえで、ショップ・スクールとのお付き合いは長く続きますので、 最初のお店選びは重要です。
すてきなお店を選べば、あなたのダイビングライフが、一層充実します。
グアムやハワイ・ホノルルに泊まって、海外でのダイビングを体験しましょう!

ページ・トップへ
<画像> 戻る

ホーム | 更新履歴 | サイトマップ
ダイビングポイント | ダイビングショップ | 水温表 | ダイビング・ログ
器材ガイド | 水中デジカメ・ガイド | ダイビングQ&A | お役立ちグッズ | おすすめ書籍・DVD
海の壁紙 | 海の写真館 | 海のイラスト | 海の素材集
ダイビング・リンク集 | かんたん相互リンク | 掲示板 | ダイバーの独り言 | Eメール | 管理人紹介